大型連休の締めくくりでM20とか木星とか

5/4は日中雷雨がありましたが夜には晴れて、雷雨が空を掃除してくれたので比較的澄んだ星空でした。それでホルスの目の撮影をして2時間分撮ったのですがまだ足りないのでとりあえず保留してまた撮り増しします。
それだけじゃつまらないので、ほかに目移りしてしまいました。
画像
やっぱ色鮮やかなほうが見ていて楽しいので近場の天体。
先ずはM20で三裂星雲の名前のごとく赤い部分が3つに分かれていますが、その上(北)には青く光る部分があり見映えがする星雲です。
撮影日:2019/5/4-5/5
赤道儀:ASKO310PW E-ZEUSⅡ
鏡筒:宇治天体精機 50cm反射 F4.7 MPCC-Ⅲ(焦点距離2374mm)
ガイド鏡:ビクセン ED102SS  レデューサーx063 QHY5L2-M + PHD2  
カメラ:ASI294MC-Pro -20℃ 2x2ビニング
露出:60秒x30枚 Gain:300

そのままの構成でもっと近場の木星と土星を撮ってみました。
画像
画像
PowerMateも入れずにそのまま鏡筒を木星と土星に向けて露光時間とGainを変更して20ms30秒をスタックしたものです。もちろんこれもカメラはASI294MC-Proですが、CMOSはこれが便利なところですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック